プロフィール

まゆぞう22号

Author:まゆぞう22号
【マユ】1975年 宮城県生まれ 24歳で腎不全となり人工透析をはじめる 08年2月、あきらめていた結婚の夢が実現! 透析してたって大丈夫 人生たのしまなきゃ 現在、ナニワのおばちゃんを目指し奮闘中!
にほんブログ村 主婦日記ブログ お茶目主婦へ
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
兵庫県加西市・法華口駅に来ました
こんにちは、マユです。
きょうは兵庫県の加西市に行って来ました。

20100204201842


JR加古川駅で一度のりかえをして、粟生(あお)という駅で北条鉄道に乗ります。
北条鉄道はいま再建を目指して、地域のボランティアの方々が駅長をされたり、周辺を手入れされたり、たくさんの人々の手によって再建を目指している素晴らしい路線です。

マユが降りた法華口という駅もやっぱり無人駅でしたが、木造の風情あるステキな駅舎でしたよ。

行きは急いでいたのでゆっくりと見ることができなかったんですが、こじんまりとした駅舎の中には所狭しとたくさんの俳句や写真が貼られていました。

というのも、この辺りは戦時中に特攻隊の滑走路があり、今は平和記念館が建っているそうです。そちらには行けなかったのですが、駅に貼られた紹介記事を読んでいると、戦時中は九州の知覧や他の特攻基地に向かう多くの兵隊さんやその家族でにぎわったとか。もちろん賑わうといってもそれは喜びではなく、愛する人たちとの声には出せない悲痛の別れだったことは想像に難くないですよね。

私が戦争について語れることはなにもありません。ただ現代だって武器こそ使わないけれど、十分に戦争だと思います。もしかしたら戦争よりも悲惨なのかもしれない、とさえ思います。

戦後60年をこえてなお、小さな木造の無人駅舎は、私の乗ったワンマンカーを静かに見送ってくれました。
スポンサーサイト
【2010/02/04 20:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<姫路といえば! | ホーム | 校歌>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happychat22.blog35.fc2.com/tb.php/99-d27f666f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。