プロフィール

まゆぞう22号

Author:まゆぞう22号
【マユ】1975年 宮城県生まれ 24歳で腎不全となり人工透析をはじめる 08年2月、あきらめていた結婚の夢が実現! 透析してたって大丈夫 人生たのしまなきゃ 現在、ナニワのおばちゃんを目指し奮闘中!
にほんブログ村 主婦日記ブログ お茶目主婦へ
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
末来列車
みなさん、おはようございます。
明日は、昭和の日ですね。
今の今まで4月29日って意識したことなかったけど、今年の私は違います。
昭和の日のイベントに参加させていただくことになり、戦争のこと、その当時の方々の生き方を考える時間をもつことができました。
今こうして平和に生きている私は本当に幸せなことなんだなって思いました。
ぜひ皆さんも一度ゆっくり考えてみてはいかがでしょうか。

『末来列車』についてちょっとお話しちゃいます。
ももちゃんとの私の格闘をきいてくれますか?
『末来列車~虹の向こうに~』
仕事仕事で家族を顧みない父:昭一
仕事を持ちながら家事、子どもの教育をこなそうと頑張っている母:まり子
母親に溺愛され自立できない息子:まさき
放任されしっかりしているが寂しい思いを抱えている娘:もも
そんな平成の4人家族がある日おじいちゃんの法事のため列車に乗って旅をする。
ところが、列車がどうしたわけか昭和の時代にタイムスリップしてしまう。
息子まさきはもうすぐ戦地に向かう二つ年上の青年達也と出会う。両親への思い、国への思いを語る達也にまさきは心うたれる。
また、戦地からの息子の手紙を読む母や空襲や爆撃の戦火の中をそれぞれがしっかりと役目を果たしながら助け合って生きる人々の様子や戦後のめざましい復興を支えた家族の有り様に接し、父、母、息子、娘それぞれが昭和の人の心、日本人の魂に目覚めていく。
日本人が大事にしてきた家族というものの絆をもう一度結ぶことで未来に向けて平成の家族は再出発するのである。

以上が、末来列車のあらすじになります。
歌あり、映像ありのなかなか見ごたえのあるものとなっています。
その中で、私が演じるのが『もも』
何回かブログでも書いているのですが、『もも』と格闘中なんです。
親に反発したことがない、いい子ちゃんできた私にとって、親に反抗したり、甘えたりすることができなくて。
無意識のうちにいいこちゃんになってしまうんです。
はぁあ、困った・・・。
でもでもみんなに支えられながら、なんとかやっております。
頑張ります!


明日、エル・おおさかにて上演しますので、よかったら見に来てください!
会場 12:00
開演 13:00 終了 15:40

では今から練習してきます!


スポンサーサイト
【2008/04/28 11:22】 | 透析主婦日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<公演を終えて | ホーム | 大成功!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happychat22.blog35.fc2.com/tb.php/28-bd81a7c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。